青汁とバイアスピリンの飲み合わせ

アレルギー体質の改善や植物性の栄養不足の解消など、青汁を飲むことによって得られる効果は様々ですが、飲み合わせで気を付ける必要はあるのでしょうか?
今回はバイアスピリンと青汁の飲み合わせについて説明します。

バイアスピリンとは動脈硬化など血液の循環が悪くなるために起こる病気の治療に使われます。
バイアスピリンを服用すると血液中の血小板に作用します。
血小板は血管にできた傷を固めて塞ぐ役割があるのですが、大量に固まってしまうと血栓となり血液の流れを止めてしまいます。
バイアスピリンはその血小板の働きを抑制し血液の流れを正常に保つ効果があります。
そして青汁にも同じ様に血液の流れを良くする効果があります。
青汁はバイアスピリンの様に血小板に作用するのではなく、血液全体の流れを良くする効果があります。
青汁の場合ピラジンという血液をサラサラにする働きがある成分が含まれているからです。
そしてこのピラジンや青汁に含まれる他の成分もバイアスピリンの働きを阻害しなしため、青汁とバイアスピリンの飲み合わせに問題はないといえます。
むしろ日常的に青汁を飲むことによって薬に頼らずとも正常な血液の流れを保てる体になるでしょう。

また、バイアスピリンと似た効果のある薬にワーファリンという薬があります。
ワーファリンは抗凝固薬のひとつで血液自体に作用し血液の流れを正常にする働きがあるのですが、ワーファリンの場合ビタミンkの働きでその効果が弱まります。
ビタミンkは納豆に多く含まれますが青汁にも含まれています。
そのためワーファリンを服用している方は青汁を飲むことは控える事になります。
現在ワーファリンを服用されている方は青汁を同時に飲むことは出来ませんが、ワーファリンを服用する必要がなくなった際は青汁を飲むことをお勧めします。
天然由来の栄養素が摂取できる青汁には薬にはない体を根本から健康に導く効果が期待出来るからです。
これを機に青汁で健康生活はじめてみませんか。